Statement

性消費や男女不平等を問題視したデモでMe tooが叫ばれる昨今では、叫ぶ声が大きいほど問題は当事者以外の人間によって語られ、本来の意図とは異なる言葉でメディアに発信される、あるいは当事者不在の討論が展開されるというような状況があります。

 

一方で、女性として生きる上で逃れようのない行為 ー 月経や社会から求められる最低限の整容、性を消費しているという感覚は、討論の的になることなく今日も私たちに痛みを与え続けます。それは加害者 / 被害者のような二項対立のない、女性自身の内包する痛みです。 

 

女性として生きる私はあらゆる問題において当事者であるために、言葉をサービスせず、誤解を与えず、切実さを薄めることなく不特定多数に訴えるのは非常に困難であると感じます。何より、性についての問題が不特定多数の人間によって語られることに疑問を覚えるのは、社会の中で解決を求める女性の訴えの多くが、いたずらな議論に消費されている現状があるからでしょう。ならば私は、私が感じる痛みを手離そうとは思いません。

 

語られた出来事も語られなかった出来事も等しく痛みを孕んでいます。

言葉の溝を恐れる私にできる唯一の献身は、生まれた痛みを収集し、写し取り、配列することで何者にも捕まらないようにすることです。私は女性が女性として生きることで感じる痛みの切実さを、つくることで確かめたいと思っています。